FC2ブログ

記事一覧

はじめに (必読)

はじめまして!訪問いただきありがとうございます。コールドブリューと申します。コブとでも呼んでください。東方神起 ユノとチャンミンへの愛が深すぎて、妄想を脳内のみに留めておけなくなってしまった変態ビギストです。小説を書くのも、ブログを開設するのもこれが初めて。手探りしながらの執筆につき、支離滅裂、辻褄の合わない点など多々あると思います。ど素人の戯れ言と思い、どうかお許しください。お名前のみを借りた作...

続きを読む

メゾン・シムの住人 58

メゾン・シムの住人 58翌朝チャンミンは酷い倦怠感で起きることができなかったが、心配するユノを説得して仕事に行かせた。「うー。怠い。やり過ぎだ……。」昼過ぎまでゴロゴロし、残り物のカレーライスを食べたら少しは頭がシャキッとした。「さてと。寝てる場合じゃない。早速取りかからなきゃ。」引出しをあさり、便箋を取り出す。ペンをクルクルさせて日記のページをめくり、ユノとのメゾン・シムでの日々を振り返り、チャンミ...

続きを読む

メゾン・シムの住人 57

続きを読む

メゾン・シムの住人 56

メゾン・シムの住人 56妖精が運転だと?ユノには不安しかない。「チャンミン免許は?」「えと……ゴールド免許だよ。」それはペーパードライバーだからではないのか。「最後に運転したのはいつです?」「ん……?もー!いいじゃん!取り敢えずホームセンターに買い物行く時使いたいから貸して!」「1人ではダメです。俺が助手席に乗ってる時なら貸します。」「なんで!心配症!!めんどくさい男だな!」「むむむ……。じゃあ今から試験で...

続きを読む

メゾン・シムの住人 55

メゾン・シムの住人 55チャンミンはユノにリラックスした土日を提供した。甘やかしてくれるチャンミンに、ユノは子供みたいに我が儘をたくさん叶えてもらった。「チャンミン、アイスクリーム食べたい。」「昼にも食べたじゃない。」「夜のアイスは苺味がいいな。」「ふふふ。もう。はい、どうぞ。」「食べさせてください。」「病人じゃないんだから自分で食べなさい。」「じゃあ、食べさせ合いしよう。」いつもと違ってやたらと甘...

続きを読む

プロフィール

コールドブリュー

Author:コールドブリュー
東方神起 ユノとチャンミンが大好き。
脳内妄想をこっそり綴っています。
ホミンのみ。

フリーエリア