FC2ブログ

王子とシムの常夏ハネムーン 26 (完)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



王子とシムの常夏ハネムーン 25

20191204011147a6f.jpg

25


ヒラヒラの白シャツに、ネイビーの蝶ネクタイとカボチャパンツ。手を繋いでトテトテ歩き、ステージの真ん中に立ったテミンとウクたんの可愛さに、そこかしこからため息が漏れた。

約1名、ミノだけは「ああああーーーーっ!」と奇声を発してイ・スマン様の膝の上に崩れた。

「み、ミノ!しっかりしろ!!」

「可愛いの極み!!萌え禿げます!!!」

「禿げてはおらん!おい、見逃すぞ!!」

「あぁっ!リトルプリンス!!キュート!!!」

立ち上がって拍手するミノに、テミンは小さく手を振った。

「あぁ……。」

「わー!失神するなミノ!!」

「あ、危なかったです国王……。」

「失神してどうする!まばたきもしていられない!一挙手一投足も見逃せんぞ!」

「はい!!あぁ……可愛い……。」

「まさに……天使だ……。」

既に涙ぐんでいるミノとイ・スマン様のことはいいとして、プールサイドに立ったリトルプリンス達はぺこりとお辞儀し、拍手を浴びた。


ユノユノは静かに客席側のステージに上がると、TBの母に目配せする。

「どうなるの?」

この先の演出はチャンミンも聞いていない。
小首を傾げるチャンミンにユノユノは微笑み、手を握った。

「ふふ。見てて。」

手を握ったのが合図だった。突如、客席からTBの母と父がジャンプし、プールに飛び込む。
巨体を受け止めた水面から今日1番の水しぶきが上がり、客席はワーキャー大騒ぎだ。

みんな、騒ぎながらも大笑いしている。

イルカにシャチ。サメにベルーガ。
様々な海の生き物が入り乱れ、円を描いてプールを泳ぐ。
ベルーガの頭にはTBちゃんまで乗っている。
みんな楽しそうに「キュウキュウ」と声を上げ、ダンスパーティーしているみたいだ。

チャンミンは王子の手をぎゅっと握り返した。

キテレツだけど、王子らしい。
海の仲間達が輪になって拍手を受ける光景は、どんな生き物にも垣根なく接するユノユノの心を反映した演出だ。

「王子。素敵です。」

涙ぐんだチャンミンの頬にキスし、ユノユノは「まだあるよ。」とウィンクすると、プールに飛び込んだ。

輪になって泳いでいたイルカがユノユノに並走してステージに近づき、横一列に並んだ。
その後ろにシャチが2匹。
そしてTBの母。最後にオーロラ王。

幼い王子達とチャンミンの間に、橋がかかった。

ウクたんとテミンの手を引くユノユノが、その橋を渡り出す。

テミンは最初こそイルカの背に足を伸ばすのを躊躇したが、ユノユノに「大丈夫」と声をかけられ、頷いて歩き出した。

「と、尊い。」

「3人の王子が並んで……。」

「水面を歩いてるみたいだ。」

観客は歓声も忘れて、美しい3人の王子を見つめた。

ミノとイ・スマン様はボロボロ泣いていたけれど、テミンの立派な姿を見逃すまいと、溢れる涙を何度も拭いて、瞳を開き続けた。

チャンミンはオーロラ王の頭に乗っていたTBちゃんを取ってぎゅっと握りながら、3人を見守った。

2匹並んだシャチの背を、真ん中のユノユノは器用に左右それぞれの足で踏みしめ、幼い王子達をエスコートする。
TBの母は面積が広いから余裕だ。
だが、最後のベルーガの背は3人並んでは歩けない。

まずウクたんがスキップするように走って渡った。

テミンはユノユノに背中を撫でられても、なかなか1歩が出ない。

不安そうにユノユノを見上げる顔に、観客は手に汗を握って祈った。

「テミたん大丈夫!出来るよ!」

ウクたんの励ましに「ん」と頷いたテミンの可愛さは、惑星も恋するレベルだった。
観客の誰もが、キュンとした。

白いベルーガの丸い胴体の上を、マシュマロみたいに白い肌をしたテミンがむっと唇を噛んで歩く。

首の位置まで来て、もうあと2歩でステージと言うところで、テミンはベルーガのおでこの柔らかさに足を取られ、ふらついた。

「ひっ!落ちる!!」

思わずプールに駆け寄ったミノには、劇的萌えが待っていた。

さすがはオーロラ王。
彼はテミンがバランスを崩したとみるや、瞬時に顔を上げて、テミンの身体をおでこでバウンドさせ、ポーンと放り投げたのだ。

丸いマシュマロは、チャンミンの腕にぽすっと収まり、頬を染めてはにかんだ。

テミンを抱きとめるため、チャンミンが放り投げたTBちゃんはミノの胸に収まった。

「ああ……ダブル萌えーーっ!!」

萌えと感動でついにミノは失神し、TBちゃんに頬を叩かれて一旦目を開けたが、ゼロ距離でペシペシしているTBちゃんを見て、再度昇天した。

ドンヘはウニョクを肘でつついた。

「おいウニョク。あの王子も逸材だ。白イルカに乗ったおテムをSMカントリー向けのフィギュアにしよう。」

「うん。こちらでの売上が伸びたらキュヒョンも喜ぶね。帰るの遅くなって怒ってるだろうから……。」

「シムマーメイドとおテム。どっちが売れるか見物だな。」

テミンを抱き上げて聖母の微笑みを浮かべるチャンミンが、この後、フィギュアの売上グラフを睨んで隣国の王子に敵対心を抱くことになろうとは、誰が想像できようか。

今はまだ、知らない方が幸せだ。


最後はチャンミンをお姫様抱っこしたユノユノがTBの母に乗ってプールをぐるりと一周しながら観客に挨拶し、ショーは終了した。

帰宅の途につく人々の顔はみな笑顔で、「帰ったら奥さんをお姫様抱っこしてみようかな。」とか、「テミン王子みたいな子供が欲しい。」とか、ワイワイ楽しそう。

「素晴らしいショーでした。ありがとうユノユノ王子。」

イ・スマン様とユノユノが交わした固い握手を、TBワールド一行は笑顔で見守る。

「これからも、定期的にSMカントリーへお越しください。その際は是非またショーを……。」

ユノユノは笑顔で首を横に振った。

「SMカントリーにも素晴らしい人材はいらっしゃるでしょう?今日もあんなにたくさんの人が水族館に足を運んでくださった。こんな仕事がしたいと思ってらっしゃる方がきっといらっしゃいます。」

「……しかし王子の様な技が出来る人など見つかるとは……。」

「技よりも、楽しいショーであればいいんじゃないですか?」

イ・スマン様はショーにも美を求める。美しい技のないショーなど楽しいだろうか。納得いかない顔のイ・スマン様が首を捻った時、1人の少年がユノユノに駆け寄った。

「王子様!今日のショー、いつものショーよりすっごく楽しかった!」

「そう?ありがとう。」

「王子様もシャチもイルカも楽しそうでした!僕、将来水族館で働きたいです!」

シャチもイルカも楽しそう……。
少年の言葉にイ・スマン様ははっとした。

ショーの間、王子はずっと笑顔だった。
海の生き物達も、それに呼応する様に、楽しそうに笑っていた。

顔の見えないロボットが美しい技を決めるより、笑顔が溢れるショーの方がいい。ユノユノはそう言いたいのだ。

イ・スマン様は拳を握った。

「私は防水の美形アンドロイドを作り上げるぞ!!チャンミン様のように可憐で、ユノユノ王子のように健やかな笑顔のアンドロイドだ!!」

そ、そこは人間でいいじゃん!とユノユノは思ったが、イ・スマン様が燃えているので口を挟まないことにした。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

25話で完結のつもりだったのですが、ちょいと文書が長くなりました。
今夜最終話となる26話を更新します。

続きを読む

テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

王子とシムの常夏ハネムーン 24

20191204011147a6f.jpg

24


「こ、国王!!大変です!」

徹夜で水を作り続けていたミノは、早朝王宮からビーチを眺めて騒いだ。

「何事だ。」

「国民の半数が押し寄せています!見てください!水族館からヴィラまで人人人!」

「なんだと?」

ビーチを埋め尽くす人の波。
国王は絶句した。

こんなにたくさんの人を見るのはいつぶりだろう。
シウォン様には頭が上がらなくなったし、水の作り過ぎで手が痛いしで色々嫌になりかけていたが、真夏の太陽の如く野心が燃え出す。

「私は……まだまだ頑張らねば。このSMカントリーをもっと豊かにするぞ!観光と先進技術溢れる、豊かな国に……!」

「はい。イ・スマン様。それでこそ私が尊敬する国王。」

手を取り合ったミノとイ・スマン様に、テミンが駆け寄った。


「今日のショーに、僕出るよ!」

「何だって?プールのショーに?」

「はい!ユノユノ王子がシャチに乗せてくれるって。」

「いけませんよテミン様!そんな無茶な!水に落ちたらどうするのです!!」

ぶんぶん頭を振るミノの肩を、国王はポンと叩いた。

「ユノユノ王子のことだ。きっと大丈夫。テミンの憧れの人に、任せてみよう。」

「ですが……。」

「彼は、水族館が水浸しになったことを、自分のせいだと謝りに来た。元はと言えば、私がシンドンさんを監禁し、チャンミン様の型採りをしようとしたせいだと言うのに。見上げた青年だよ。」

「水族館の宣伝も、シャチとのトレーニングも、約束したことだからと続けてくださっているそうですね……。」

「ああ。さすが、絶世の美女のご子息。ユノユノ王子は、中身も美人だ。」

「テミン王子はそれが分かっていて、昔から憧れていたのでしょうか。」

「かもしれないな。そんなプログラムはしていないのに、不思議だ。おテムはしっかり自分を持っている。」

「ふふん。」と嬉しそうに笑うテミンを抱き上げ、ミノとイ・スマン様は水族館に向かい、自ら集まった人々を出迎えた。



水族館に入った人々は、熱帯魚やクラゲの水槽を通り抜けた後、巨大水槽で衝撃を受けることとなった。

ベルーガの代わりに人魚が泳いでいたのだ。

「し、しっ、しむ!シムマーメイド!!」

イ・スマン様は興奮のあまり、水の中にいるわけでもないのに呼吸困難になった。

「あらま!大変!!」

水槽の前で来場者を誘導していたシンドンが駆け寄る。

「はいっ!息を吐いてー。ひぃ、ひぃ、ふぅ。」

「ひぃ、ひぃ、ふぅー。」

シンドンの腹に抱かれて息をすると、イ・スマン様は落ち着きを取り戻した。

「不思議だ。和む。」

「おほほほほ。あまり美しいものばかりご覧になっているとお疲れになるでしょう。たまに私を挟むといいですよ。」

シンドンを10秒ほど見つめたイ・スマン様は、水槽で尾びれを揺らして泳ぐチャンミンに視線を戻して頷いた。

「素晴らしい。人にはそれぞれの役割があるのだな。美人だけではいけないと言うことか。しかし……チャンミン様は益々美しい……。撮影の時より美しさに磨きがかかっている。」

水の中で巣潜りとあって、カツラも化粧もしていないが、それでもシムマーメイドはキラキラと輝いて幻想の世界を作り出している。

国王には更なる夢ができた。

「ミノ。私はいつか完璧なアンドロイドを作って、ここで泳がせるぞ。」

「マーメイド……ですか。」

「そうだ。防水仕様のシムアンドロイド。マーメイドタイプだ!!案内係はシンドンさんタイプのアンドロイドにしよう。」

原寸大型はないが、イ・スマン様の目がギラッギラしているので、きっと作り上げることができるだろう。

良かった。
イ・スマン様がこんな目をしている限り、この国は発展する。

微笑んだミノは、マーメイドの水槽前から離れようとしない国王を促した。

「さぁ。屋外プールへ参りましょう。間もなくショーの時間です。」

イ・スマン様とミノは、童心にかえった気持ちでワクワクしながらショーの開始を待った。



最初はいつものイルカショーで幕を開けたステージ。

イルカの大ジャンプに観客は十分盛り上がったが、その後水中からシャチと共にブーメラン海パンのユノユノ王子が飛び出した際は、多数の失神者が出た。

一応説明しておくと、ブーメラン海パン以外を履くことはシウォン様が許してくれなかったので、ユノユノは仕方なく町でLLサイズを買った。

ところがそれだと隙間があって太ももの方から「こんにちは」の危険がある。そこで、チャンミンが股部分をぴったりサイズに詰め直し、晴れの舞台でのブーメランが実現されたのだ。

客席側のステージに凛と立ったユノユノ王子に拍手が巻き起こると同時に、イルカとシャチがピューピュー放水して水のカーテンを作る。せっかく現れた王子の姿が見えなくなり、客席からブーイングが起こった。

しかし、それは一瞬で奇声に変わった。

水のカーテンの向こうから、虹と共にキラキラ輝くシムマーメイドが現れ、王子に腰を抱かれたのだ。

「きゃーーーー!!!」
「ぎゃーーーー!!!」

観客の奇声は悲鳴となり、そこでも多数の失神者が出た。

チャンミンはお得意の恥ずかしそうな笑顔で王子の胸に顔を寄せたが、内心がっかりしていた。
客席の端に、TBちゃん一家が座っていたからだ。

深海に帰ったんじゃねぇのかよ!
すぐ戻ってきやがって……。

しかもTBちゃんは、信じがたいことにパチパチと拍手をしている。

「動いてる……。」

思わず呟いたチャンミンに、王子は耳打ちした。

「お父さんに会えて、お母さんの力がパワーアップしたんだってさ。港から一家でキックボードみたいなのに乗ってきたからびっくりしたよ。」

「港?」

「ドンヘさんとウニョクさんに沖まで船で出迎えに行って貰ったんだ。」

ビーチはそこにあるのに何故に港から、と思ったが、それもそのはず。TBの母にSMカントリーの海はサイズ不適合で腹がつかえると言っていたことを、チャンミンは思い出した。

思えば行きの船の上では、まさかこんなドタバタハネムーンになるとは思っていなかった。

でも、一生忘れられない楽しいハネムーンであることは間違いない。

ふふふと笑ったチャンミンに見とれ、ユノユノも嬉しくなる。

ひそひそ耳打ち話する2人が、まるで頬にキスし合っているように見えて、TBちゃんは「きゅっ!きゅっ!」と喜んだ。

それから、ユノユノ渾身のショータイムが始まった。

大きなシャチは、オーロラ王の前とあって気合い十分。

『いつもより大きくジャンプしてみせるぞ!しっかり掴まってろよ!』

『いいですね。みんなを驚かせましょう。』

シャチの口先でプッシュされたユノユノがプールから飛び出して空中で放物線を描き、大歓声に包まれるのをチャンミンはぼうっと見つめていた。

シャチの身体は激しい水しぶきを上げて着水するが、ユノユノは飛び込みの選手みたいにすぽんと水に飲み込まれる。

綺麗……。
素敵……。
カッコいい……。
イケメンだし……。
王子だし。

この人、僕の夫です。

心の中でユノユノに夢中な観客に自慢し、自分が如何に幸せ者か実感する。

「ぐへへ。」

チャンミンが漏らした品のない笑いは、幸いプールの方を向いていて観客には見えなかった。

2匹のシャチの背中に片足ずつ乗せて移動したり、倒立を披露したり、曲芸並の技の数々を繰り出した後、シャチは水中に潜った。

プールに静けさが訪れる。

次は何が起こるのかと期待する観客の前に現れたのは、2人の幼い王子だった。





続きを読む

テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

王子とシムの常夏ハネムーン 23

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

王子とシムの常夏ハネムーン 22

20191204011147a6f.jpg

22
(R18ではないつもりですが……そうかもしれません。)


「おっ、王子っ。それは!!」

「似合わないかな。」

「そうではなく……は、はみ……。」

「ちょっとサイズが……僕のあれに合ってなくて……。」

ブーメランは極小サイズ。
ビッグユノユノは、ギリギリのところで収納されていて、ちょっとでもズレたら「こんにちは」しかねない。

「はみ、は、はみ……。」

「ショーの途中ではみ出したら大変だ。やっぱりウェットスーツの方がいいね。」

「……ちょっと待って。」

更衣室に戻ろうとするユノユノをチャンミンは食い止めた。

「今日はギャラリーも居ないし、そのままでいいんじゃない?」

「……父上達はシュノーケリングに出かけるって言ってたし……僕らだけだね。」

「じゃあ……。」

「うん。今日はこのままでいいや。元々チャンミンとは全裸で泳ぐつもりだったんだし。」

「えへ。」

ビッグユノユノ×ブーメランの威力は、チャンミンのこのところ鬱積した苛立ちを海の彼方へ流し去り、乗り気でなかった特訓にも俄然やる気が漲った。

「王子。まずは何から練習すればいいの?」

「そうだな……。跨がるところからやってみようか。」

先にシャチに跨がったユノユノが手を伸ばし、チャンミンを前に座らせる。
形状露なビッグユノユノがお尻に当たって、チャンミンは「ひゃっ」と首をすくめた。

「怖くないよ。僕が支えてるからね。」

「……王子。ぎゅっとしてて。」

「こう?」

「いやん!」

「え?やだ?」

「ち、違う。もっとしっかり。」

「分かった!」

「ああん!!」

ぐいっと腰を引かれてチャンミンのあそこは熱を持ちかけたが、『俺の背中でイチャイチャしやがって!』と思ったシャチが高速で泳ぎ出したお陰で、水しぶきと風に冷やされた。

いざ乗ってみると、シャチライドが如何に大変か分かる。
掴むところのないシャチの背中では、少しでもバランスを崩すと水に落ちてしまいそうだ。

ユノユノが後ろで支えてくれなければ、到底チャンミンは座り続けることができない。

王子って……やっぱりカッコいい……。

腰に回されたユノユノの手を掴み、チャンミンは胸の高鳴りが伝わりますようにと胸元に持ち上げた。

「怖い?」

「ううん。気持ちいい。」

「水の上を走ってるみたいでしょ。」

「うん。水面を切ってる感じ。」

誘って良かった。
不機嫌だったチャンミンが、今日はニコニコ笑ってくれる。

ユノユノはチャンミンの背中に口づけた。

「あ……。」

「チャンミン。」

「王子……。」

シャチは思った。
もうやってらんねぇ。

プールのど真ん中で、2人はシャチに振り落とされた。

ザブンと水に落ちても、ユノユノはチャンミンを離さず、口づけ続ける。

「んっ。王子。」

「はぁ。チャンミン……。」

「ん……はぁっ……。」

立ち泳ぎしながら、舌を絡めてキスする2人。
2人きりだと思えば、大胆にもなる。

だが、実はプールは2人きりではない。
複数のギャラリーが客席後方の柱の陰から覗き見していた。

ギャラリーの1人の目は、ギラギラと燃えている。
そう。ウクたんに頼まれてブーメラン海パンを仕入れたシウォン様が、ユノユノの特訓を見学に来ないはずがない。

シュノーケリングに行くと伝えたのは、2人を無防備にするためだ。ぎゃあぎゃあ騒ぎそうな女性陣(注:イトゥク様とシンドンのこと)はエステに行かせ、万全の準備で鑑賞に臨んでいた。

「なんたる光景だ。ここはパラダイスか?」

シウォン様は流血を危惧して鼻を摘まむ。

「シウォン様。これは子供には見せてはいけないやつです。」

イェソンはウクたんの目を隠そうとするが、機敏に避けられる。

「おいたん。僕も唇にチューしてみたい。」

「う、ウクたん。駄目だよまだ早い!15歳になるまでチューは禁止!」

「ええ……。そんなに!?」

「まだ恋愛なんてしなくて結構!ユノユノ王子を見習いなさい!」

「……おいたん……。」

色恋事情だけはお兄たんみたいになるなって、いつも言ってるくせに。
おいたんのバカ……。

ウクたんはイェソンにチューしたかったのだが、イェソンもユノユノと似通った鈍感ぶりを発揮していた。

「テミン王子。録画は順調?」

ドンヘは、テミンの瞳を覗き込んで興味津々だ。

テミンには新たに撮影機能が内蔵され、目で見た物を録画することができるようになっていた。

「ズームして撮ってます。わっ。凄い。」

「す、凄いって?」

「唾液がミミズみたいに糸引いてますぅ。」

「う……例えが……。」

「わー。唾液に太陽がキラキラ反射して綺麗♪」

目を輝かせて撮影するテミンに、ウニョクは心から願った。お父さんみたいになりませんように……と。


ユノユノとチャンミンのキスは、プールの水が熱水になるのではと危惧するほど続いた。

シャチが下から吐き出した泡が2人を包むように躍りながら浮かび、ついでに素肌も刺激する。

こうなるとユノユノは、チャンミンを翻弄する男になる。

「ふぁ……ん……王子っ。」

「チャンミン……美味し……。」

舌の付け根まで絡めるキスに夢中で、泳いでいられない。
チャンミンが溺れそうになったところでユノユノはぐいとチャンミンを引っ張ってステージまで泳ぎ、プールサイドに座らせた。

上半身を水中からさらけ出し、前髪をかきあげて水を滴らせる王子にチャンミンは息を呑むことしかできない。
ザバッとプールから出たユノユノの下半身には、その息すら止まる。

この豹変ぶりがチャンミンには堪らないのだ。

なんて美しい人なの。
男らしく、なのにちょっと鈍感で、可愛くて、努力家で、いざエッチになったら凄くセクシーな僕の王子。

足の指まで整っている。
甲に走る健の線と足首には色気がある。
ふくらはぎは引き締まって品があるし、筋肉質な太ももの隆起のその上には……立派なあれが……。

こっ、こんにちはー!してる!!!

チャンミンの目がシウォン様並に見開かれて股間に注がれていることに気付き、ユノユノは我が分身を見下ろした。

「わっ、まずい!!」

タオルを取ろうと踵を返したユノユノの足首に、チャンミンは飛び付いた。

「ちゃ、チャンミン?」

ゆっくりと上を向いたチャンミンの顔は、海の女神かと見紛うオーラを発していた。
そのまま脚を伝って妖艶な顔が上ってくる。

ユノユノの欲望は、とうにブーメラン海パンでは抑えきれない大きさになっていた。
こんなに美味しそうな餌をちらちら見せられたら、チャンミンはもう、食らいつくしかない。

「ぱくっ」

「あああっ!!!」

ビッグユノユノは、見事チャンミンを釣り上げた。





続きを読む

テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

コールドブリュー

Author:コールドブリュー
東方神起 ユノとチャンミンが大好き。
脳内妄想をこっそり綴っています。
ホミンのみ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR