FC2ブログ

記事一覧

運命の人 farside編 3

続きを読む

正中に放て 弓道編 59

正中に放て-弓道編-59それから数日後の朝、思わぬ事態が起こった。道場の掃除から帰ったユンホが部屋に入ると、チャンミンが手をグルグル包帯で巻いていたのだ。ユンホは顔面蒼白になった。「チャンミン!どうしたの!!」「な、何でもない。牛乳パックを切ろうとしたら、手が滑ってカッターが刺さっただけ。」「刺さっただけって!傷は?深いの!?」「大丈夫だって!保健室行ってくる!」傷を見せようとせず、チャンミンはユンホ...

続きを読む

正中に放て 弓道編 58

正中に放て-弓道編-58ユンホの調子はずっと良かった。初心者が連続して中りを出し続けるのは容易なことでないが、元々身体の芯を捉える感覚が身についている上に、少し迷いそうになると、チャンミンが手を添えて感覚を蘇らせてくれる。選手3名も安定した弓を引いているし、大河の熱血指導を受ける九条の上達も部員の士気を高めていた。12月になると、山に囲まれた東高周辺は一気に気温が下がり、朝の道場の床は、靴下の布を簡単に...

続きを読む

正中に放て 弓道編 57

正中に放て-弓道編-57ユンホは大河との東京視察旅行が余程楽しかったらしく、スマホに大量に納められた画像を1枚1枚チャンミンに解説した。「ここはね、森崎ビルが建設中の新しいオフィスビル。エレベーターが20台もあるんだよー。すごくない?」そう言われてもチャンミンにはぴんと来ない。「このサイズのビルだったらそんなに必要ないと思ったんだけど、オフィスビルに入る会社の社員さんが、出社するときエレベーターに並ばなく...

続きを読む

運命の人 farside編 2

farside編 2- 雲の海 -撮影のため日本へと発つ日、ソウルは雪を落としそうにどんよりとした重苦しい雲に覆われていたが、会社で合流したドンヘさんの顔は快晴だった。ウニョクさんとの楽しい旅行前と言った雰囲気を醸し出している。「日本最近行けてなかったから、行きたかったんだよねー。」「おいドンヘ。仕事だからな?」ユノは朝からクールに新作のスーツで決めていた。今年からクラシックスーツにも力を入れることになって、...

続きを読む

正中に放て 弓道編 56

正中に放て-弓道編-56早朝の飛行機で羽田に飛ぶため、ユンホは5時に寮を出て行った。久々の1人の生活。今日ばかりは自分を甘やかすことにして、チャンミンは昼前まで睡眠を得た。「はぁー。よく眠れた。」美容院の予約は15時。大河の運転手がベントレーで送ってくれると日下部が言っていたから、出発まで時間がある。チャンミンは道場へ向かった。「あれ。チャンミンも今から?」道場では日下部と九条の他に、何人かの1年生が練習...

続きを読む

正中に放て 弓道編 55

正中に放て-弓道編-55長い熟睡を得て朝から清々しいユンホの横で、チャンミンはスパイさながらの鋭い視線で大河と日下部の様子を窺っていた。大河が席を立ったタイミングで日下部の元へと早足で向かう。「先輩。この間仰ってた美容院に連れて行ってもらえませんか。2人でお話したいこともあって……。」「あぁ。丁度僕も行きたかったんだ。今週末、部活休みだから土曜日にでも行く?」「ん?休みなんですか?」「うん。大河が家に用...

続きを読む

正中に放て 弓道編 54

正中に放て-弓道編-54試合を想定した立の練習をしていた日下部が、道場の入り口で腕組みしている。突如チャンミンを奪われてお怒りモードだ。「もー。急に何が始まったの?」ふふっと笑った大河の顔には茶目っ気が溢れている。「大河……なんだか楽しそうだね。」「俺も日下部を見習って、少しは楽しむことにしたよ。残された時間も少ないしな。」「……何の悪巧み?」「そんなんじゃない。くそ真面目なユンホにも、弓道を楽しんで欲し...

続きを読む

運命の人 farside編 1

続きを読む

新作?続編?のご案内

皆様こんばんは。今日は暑すぎてうんざりですね。そんな夜に、更に暑苦しい新作のお知らせです。5大ドームツアー発表に浮かれ、その晩突発的にお話を思いつきました。昨年夏に人生初めて『その探偵、恋は専門外につき』なる推理小説(←あくまで)を書き始めた時、同時に書いていたのが『運命の人』と言う、くそエロ小説です。今読み返すと、とんでもなく拙くて目眩がするのですが、そこんとこは「ま、いっか」と放置し、続編を書いち...

続きを読む

プロフィール

コールドブリュー

Author:コールドブリュー
東方神起 ユノとチャンミンが大好き。
脳内妄想をこっそり綴っています。
ホミンのみ。

フリーエリア

スポンサーリンク