FC2ブログ

記事一覧

正中に放て 弓道編 106

続きを読む

メゾン・シムの住人 14

メゾン・シムの住人 14「え?ええーーーーっ!!!」ユノの朝は衝撃と共に。「て、テミン先生!!何故ここに!!?」ユノの腰に腕を回して添い寝していたテミンはゆっくりと顔を上げた。「やだ。忘れちゃったんですか?昨夜はキスして、そのまま……。」「キスぅ!!?」「ユノ先生の唇、ぷるぷるしてて気持ち良かったです。」両手で口を覆ったユノは、己の息の酒臭さに目眩がした。「ユノ先生フラフラだったから、僕、送ってきたん...

続きを読む

メゾン・シムの住人 13

メゾン・シムの住人 13「て、テミン先生!どうしたんですか!?顔ぱんぱんですよ。」翌朝のテミンは浮腫みで目が半分しか開いていなかった。可憐で色白で可愛い2次元男子をリアルにしたみたいな僕が、ぱんぱんのバルーンになったのはユノ先生のせいだ。あの、フェアリーとは程遠いデカ男に心奪われるなんて。ユノ先生の……バカ……。テミンは直線になってもなお、くっきり二重のラインだけは美しい目でユノを睨んだ。「例の……デートは...

続きを読む

☆同行者大募集←切実☆

皆様、こんばんは。お話の更新でなくてごめんなさい。溶けそうに暑い日々でぐったりげんなりしながら働いてますコブです。でも、週末はsmtownライブ、お盆明けはa-nation参戦と思えば頑張れる!と……ここで思わぬ問題が。実はa-nationに一緒に行く予定だったお友達が家庭の都合で行けなくなってしまい……。田舎暮らしのコブには大阪にはあんまり知り合いが居ない上に、身近な友達は子育て世代で遠出は厳しい。売っちゃおうかな……と数...

続きを読む

メゾン・シムの住人 12

メゾン・シムの住人 12ゴールデンウィーク明けの火曜日、ユノはてんやわんやの忙しさだった。休み明けの小学生は落ち着きがなく、低学年の授業は崩壊状態。高学年では、体調不良になる子が何人も。遊び回った子より、家でダラダラしていた子に限って頭痛を訴えるのは、教員あるあるだ。保健室で寝ている生徒の家族に連絡を取りつつ、ユノは自動車ディーラーのテツさんとも連絡を取っていた。「ユノ君、手続きの関係で今週中の納車...

続きを読む

正中に放て 弓道編 105

正中に放て-弓道編-105チャンミンてなんて素敵な恋人なんだ。僕が思うよりずっと、僕のこと考えてくれてる。僕もチャンミンとの将来のこと、具体的に考えなきゃ。大学に受かることも大切だけど、もっと先のこと。じいちゃんとばあちゃんのことも、チャンミンは凄く考えてくれたんだから。ユンホは愛しさにキュンキュンしながらチャンミンを抱き締めて眠った。朝目覚めても、キュンキュンは鎮まるどころか増すばかり。チャンミンが...

続きを読む

メゾン・シムの住人 11

メゾン・シムの住人 11~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~4月28日(日) 23:00晴れ今日、ハート岩を臨む岩壁に柵ができた。ユノさんの小学校の用務員さんが、あれよあれよと言う間に地面を掘り、木のポールを立てて固める。さすがの手際だった。ポールにはジュンさんが予め穴を作ってくれていたから、ロープを通したら立派な柵になった。ユノさんが手伝ってくれて、柵までの小道も綺麗になった。これなら、広報誌で紹介し...

続きを読む

メゾン・シムの住人 10

メゾン・シムの住人 10用務員さんから、柵の取り付けに協力してもらう約束をもらい、ユノは上機嫌で職員室に入った。酒を奢る代償くらいは安いもの。チャンミンの喜ぶ顔を想像してにやけたユノに、英語教員のテミンが話しかけた。「ユノ先生、今日も楽しそうですね。」「あはは。毎日笑顔がモットーだから。さっきの授業、どうだった?朝の会でアオイちゃんの元気が無さそうだったのが気になって。」「ああ、それならさっき話聞き...

続きを読む

メゾン・シムの住人 9

メゾン・シムの住人 96号室のムカイさんはチャンミンと1歳しか年が離れておらず、話が合う。町役場に委託されたタウン誌の編集の仕事で毎月締め切りに追われる彼は、日曜日にも関わらず赤ペンで校正中の原稿に囲まれていたが、メゾン・シムの裏手の山の話を「うんうん」頷きながら聞いてくれた。「昔、山を抜ける街道があったって聞いたことあるな。古の道を辿るウォーキングコースか。町役場の観光課に話してみようか。」「ほんと...

続きを読む

正中に放て 弓道編 104

正中に放て-弓道編-104チャンミンが弓道への思いを再確認した時、玉子石もまた、トキメキを弓道に感じた。日下部の射は真っ直ぐに矢が刺さる。真っ白な茹で玉子に箸の先をプリンと突き刺す時のような中り。日下部は指導に徹していて部活中はほとんど弓を引かなかったから、玉子石はその美しい射をじっくり眺めたことがなかった。茹で玉子が転がらず、真っ直ぐに刺さる感触に至高の喜びを感じる玉子石にとって、これは新たな喜びと...

続きを読む

プロフィール

コールドブリュー

Author:コールドブリュー
東方神起 ユノとチャンミンが大好き。
脳内妄想をこっそり綴っています。
ホミンのみ。

フリーエリア

スポンサーリンク